消費者金融に借入を申込む際に注意したい他社借入件数

MENU

消費者金融に借入を申込む際に注意したい他社借入件数

通常、金融機関でお金を借りる際は審査を受けなければなりません。金融機関では、この人ならお金を貸しても返済してくれるだろう、と判断しなければ、お金を貸し出す事は出来ないのです。この貸し出し審査に関して、注意すべき事があります。それは、他社借入件数というものです。例えば消費者金融で新たにお金を借りようとする場合、他の金融機関の借金があるかどうか、あるならばその内容を正確に申告しなければなりません。この時申告される、他社での借入の数の事を他社借入件数と呼びます。

 

他社での借入があると新たに借入をする事が出来ないわけではありません。ただ、殆どの金融機関では他社借入件数が4件に達している場合、新たな融資を拒否する場合が多いのです。

 

先に、他社での借入内容などは正確に申告する必要があると書きましたが、こうした情報について虚偽の申告をしても、審査時に申し込み者の信用情報を照会されると、すぐに嘘はバレてしまいます。虚偽の申告をしたところで、業者から不信に思われる結果になってしまうのです。また何故、他社借入件数が多いとお金が借り難くなるのかと言うと、新たな借金を組んでも確実に返済してくれるという確信を貸し手側が持つ事が出来なくなるからです。消費者金融業者などは、信用を担保にお金を貸し出します。しかし、初めて利用される方の信用度は未知数です。そんな未知数の状態で、他社の借入がある事はマイナスイメージを業者に抱かせてしまうのです。新たに現金融資を申込む際は、こうした注意点を理解した上で行った方が良いでしょう。