総量規制対象外のカードローンもあります

MENU

総量規制対象外のカードローンもあります

平成22年に貸金業法が完全施工され、貸付金額が年収の3分の1までに制限される総量規制が導入されました。今までは融資をするかどうかを決めるのは審査によって決められてきましたが、総量規制が導入されることで、一律に年収の3分の1を超える金額を借りることができなくなりました。

 

しかし、総量規制は貸金業法なので、貸金業者のみが規制を受ける法律になっています。貸金業者とは消費者金融やクレジットカード会社、信販会社などのことで、銀行が貸付を行っている銀行カードローンは総量規制対象外となっています。銀行は貸金業法ではなく、銀行法という別の法律があるので、総量規制対象外となり年収の3分の1を超える金額の貸付を行なうこともできるようになっています。

 

総量規制対象外のカードローンを探している人は、銀行カードローンを利用すれば総量規制の範囲を超えてお金を借りることができます。銀行カードローンでも最短即日融資に対応しているところもありますので、すぐにお金が必要な方はそういったところを利用することをおすすめします。総量規制対象外となるカードローンには銀行以外にも信用金庫、農協、労働金庫などがありますので、状況に応じて合ったものを選びましょう。