カードローン利用者本人死亡の場合

MENU

カードローン利用者本人死亡の場合

借金をしている場合には、生きている間にすべてを払い終えたいものです。しかし人間はいつ亡くなるかわかりません。カードローンを利用し、返済途中にもしも利用者本人死亡となってしまった場合には、どのような扱いになるのか、しっかりと頭に入れておきたいものです。

 

例えば、自分の父親がカードローンで200万円の借入をしていたとしましょう。そして150万円の利用残高を残したまま亡くなってしまった場合には、この債務は相続人となる配偶者や子供が相続することになります。相続とは、本人が亡くなった後に、配偶者や子供が財産を継承することを指しますが、これは貯金や土地などのプラスの資産だけを継承することではなく、借金などの負債も引き継ぐことになります。

 

もしも貯金や土地などの資産と呼べるものはほとんどなく、多額の負債だけがある場合には、問題が発生します。父親のプラスとなる財産と負債を合わせても、カードローン残額が圧倒的に多い場合には、相続人は多額の借金を背負うことになってしまいます。
このような場合には、相続放棄が有効となります。財産を継承しない手続きを行い、これにより父親の借金の支払いもしなくて済みます。もしも相続放棄の手続きを行わずにそのままにしている場合には、資産も負債も単純承認として相続することになります。相続を放棄する場合には、相続開始を知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所に手続きを行わなくてはなりません。

 

そして相続放棄をしたからといって安心していてはいけません。配偶者や子供が相続放棄をしたとしても、次に相続する順番の人が資産も負債も相続することになってしまいます。もしも父親の家族が相続を放棄した場合には、父親の直系尊属となる父親の父母が相続することになります。また父母がすでに亡くなっているような場合には、父親の兄弟が相続しなくてはなりません。そのため家族だけで相続放棄するのではなく、父親の親兄弟にも、自分たちが相続放棄した旨を伝える必要があります。