消費者金融で返済しながら借り入れする際の注意点

MENU

消費者金融で返済しながら借り入れする際の注意点

消費者金融の借入れの仕組みの多くは、カードローン方式を採用しています。カードローンとは、返済能力を審査したうえで、その利用者ごとに利用限度額を設定し、その範囲であれば、何度でもカードを使って借り入れができるというシステムです。カードを使って提携先の金融機関やコンビニのATMで借り入れができるのは、非常に便利である反面、利用限度額と返済方式マジックによる借り過ぎのリスクもあります。

 

注意点としては、借入れはご自身の返済能力をよく考えて、慎重に行うようにしましょう。たとえば、利用限度額が30万円と設定されたとします。1月目に旅行代金の支払いのため、10万円を借りたとしましょう。翌月の返済日にいくら返せばいいかというと、これは業者の返済方式の定めによって異なります。

 

一般的なケースでは返済がしやすいよう、最小返済額というのが定められ、残高に応じていくら払えばいいというのが決められています。この金額は極めて低く抑えられており、返済負担が軽くなるメリットがありますが、その分、なかなか返済が進まず、利息が増えていく一方となります。たとえば、最小返済額が5,000円でいいとされれば、翌月以降95,000円の債務繰り越されます。

 

一方で、利用可能額は返済された分が増えて、195,000円まで借り入れ可能です。翌月また50,000円借りて、5,000円返したとして、債務残高は140,000円に増える一方、まだ160,000円も借りられるのです。
かし、月々の返済では一向に債務残高は減らず、利息の支払いがどんどん増え、いつまでも返済が続くため、よく考えて借りるようにしましょう。